ものぐさ主婦ツキノワがお届けする楽しい毎日! 息子のこぐまも加わって、目指せ!ラブラブ家族!
             
     
                 
     
                    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主婦ランキング 良かったら応援してください→FC2 Blog Ranking

こちらも見てくださいね
行動派への道(運営サイト)

ツキノワよ、子育てについて語れ!   
おはようございます♪ツキノワです。
今日は雨、風も強いです~。
こんな日はお出かけしないに限ります。
おうち仕事を細々と片付けたいと思います。

さて、今日のお題は、「ツキノワよ、子育てについて語れ!」です。
お題をくださったのは節約*キッチンのぴーこさん。

では、語ってみたいと思います。
ツキノワは、こぐまをとにかく愛情いっぱいの家庭で育ててあげたいって思ってます。
愛情で「もうおなかいっぱいです」って感じにしてあげたいんです。

そうすることでいい人格形成につながっていってほしい。
愛情豊かな人間に育ってほしいし、安定した人になってほしいんです。

だから全く早期教育というのは考えてません。
幼少期からお受験対策したり、習い事、たとえば英会話させたり、フラッシュ暗算させたり(笑)、そういうのはパスです。
だってね、そういうの始めている時期って、子供の人格形成にとっても必要な時期だと思うから。
せっかくスポンジのような柔らかくて柔軟な頭を持っている時期に、要らない知識を詰め込むのはかわいそうです。もったいない気がします。

そんなことするよりは、親と一緒にたくさん遊んで、愛されていることを実感するほうが大事。
やっていいことといけないことを厳しく教え込まれる方が大事。
そうやって暖かく厳しく育ててあげることが、後々教育にもつながっていくとツキノワは思っています。


ツキノワ自身はね、塾行ったことありません。
習い事も小学校低学年の時に、自分でやりたいと申し出て書道教室に通わせてもらっただけ。
でもね、勉強で困ったことってありません。
成績はずっと良かったですし、勉強するの好きでしたよ。

それから電車やバスの中、病院の待合室など公共の場所にいて、注意されたことや怒られたことってありません。
むしろ幼稚園にあがる前のツキノワ、病院の待合室でじっと座って本を読んでいると、しらないおばさんに褒められたりしてました。

でもね、そういうの無理に我慢してやってたわけじゃないんです。
勉強は新しい知識が入ってくるのが純粋に楽しかったんです。
公共の場では迷惑をかけないように静かにしていようねって言われたらそのとおりだと思っていたんです。

パパンとママンの教育方針は、とにかく家族は一緒ということ。
ご飯はもちろんみんなそろって食べます。
食事がすんでも、それぞれ部屋に帰ることなく、家族全員で遊ぶのが日課。
トランプしたり、風船バレーボールしたり、卓球したり。
テレビを見るのだって全員一緒。
毎日お腹が痛くなるぐらい笑って、本当に幸せな子供時代を過ごさせてもらったなぁって思ってます。
お勉強は基本宿題だけしかすることは許されませんでした(笑)
だって、楽しく遊ぶ時間が減っちゃうじゃないですか。
学校から帰ったらまず宿題、それから友達と遊びに行って、帰ったらご飯作りを手伝って、そして家族みんなで思いっきり遊んで寝るんです。

親から一度も「勉強しなさい」って言われずに育ったツキノワ。
結構珍しいですよね。

でもね、今思うとしつけや教育は遊びの中にちゃんと組み込まれていたんだなぁって思います。
家族で思いっきり遊びながら、我慢することや協調することを覚えたり、
一緒にお散歩しながら、道端に生えている雑草の種類を教えてもらったり、飛んでいる鳥のお話を聞かせてもらったり、用水路の亀さんの生態について習ったり(笑)
一緒にご飯を作りながら大声で歌を歌って、感性を磨いたり。

一緒にパンを焼いたり、縫物したり、犬小屋を作ったり、庭に池を掘ったり。
そういう時間のすべてが今のツキノワを作ってくれているんだと思います。

愛情ってすごいってツキノワは思ってます。
安定するし、満たされる。
満たされた状態でいると、人の話をちゃんと聞くこともできるし、落ち着いて待つことだってできる。
不安感に襲われることがないので、感情の起伏も穏やかでいられました。
通信簿には常に「落ち着きがある」「人の話をしっかり聞ける」「学習意欲がある」なんて書かれていたツキノワ。
ゆるぎない愛情を注いでもらったおかげだって思ってます。

夫が初めて我が家にやってきた時、両親の仲が良いこと、家族の仲が良いことについて、本当にびっくりしてました。
一緒に暮らし始める前は、「ツキノワは本当に愛されて育ってるから、実家に帰りたくなったりしないかなぁ」なんて心配するほど(可愛い奴め)
でも、一生夫と仲良く暮らしていきたいって思って、それに向かって努力するぞって思えるのも、両親のおかげだと思っています。

だから、そんな家庭をこぐまにも提供してあげたいなぁって思うんです。
子育てについてはそんなビジョンを持っています。
おそらく友達が子供を塾に通わせたり、習い事をさせたりし始めても焦ることはないと思います。
よそはよそ、うちはうちですから。←ママンの口癖です。
自分であれこれ選択したいと思える時期になって、「ピアノがしたい」「水泳がしたい」なんて言い始めたら、させてあげようかなって思ってます。
それまでの教育の土台は我が家。教育の方針は愛情で行きますね。


さて、もうひとつこぐまが生まれたらこうしようって決めていること。
それは、生活のすべてをこぐま中心にしないってことです。

ん?さっきのお話と矛盾してますか?ツキノワの中ではしてないんですよ。
ツキノワの夫好き好きっぷりはとっても有名。
おうちに帰ってからしているお世話の数々を話すと、人にあきれられることもよくあります。

まあ、新婚のうちだけよとか、しっかり手伝ってもらう癖をつけておかないと後で困るわよとか、さすがに子供が生まれたら子供のことで手一杯で旦那は放ったらかしになるわよとか、色々言われます。

長年お世話になってる美容師さんにも、「子供が生まれたら、あまり旦那に手をかけるのやめなよ。疲れるよ」って言われているんです(笑)
ツキノワのことを思って行ってくれているので、ありがたく頷いているんですが、でも思うんです。


それは違うって。
子供も大事だけど、夫も大事です。
子供はいずれ巣立っていくもの、世の中に送り出すものです。
いつまでも自分のものじゃない、自分の手の中に入れておくべきものじゃないんです。
子供に執着しすぎていてはいけないと思ってます。
家族の最小単位は夫婦。
我が家は家族が始まった時も、おそらく終わる時も夫婦です。
子供が巣立っていったときに、今までずっと子供のことでしか話をしてなくて、今更何を話していいか分からない夫婦なんて悲しい。
子育てやお仕事が終わったら、今度は二人で楽しもうってそう思えるような夫婦でいたいんです。

何より子供に執着しすぎていて、就職したら実家に帰って来いとか、老後は面倒を見てほしいとか、そういう親にはなりたくない。
子供には好きな世界に行って、好きなことをして欲しいって思ってます。
我が家には継ぐものなんて何もないですし、
男の子でも家に帰ってこなくて構わないし、女の子でも養子をとってほしいなんて思わないです。
だから子供の活躍を楽しみに送り出して、その後の夫婦だけの生活をウキウキとしながら迎えられる、そんな夫婦であるためにやはり努力したいです。

だからこぐまと夫のお世話でいっぱいいっぱいになっちゃったときは、夫のお世話を放棄するんじゃなくて、こぐまのお世話を夫に手伝ってもらって、ツキノワは夫のお世話します(笑)
そう決めてます。

ツキノワ夫なんてね、「子供に愛情が向いたら、俺なんて放られて楽でいいよ」なんて強がってますが、それってね今おなかいっぱい愛情を注いでもらっているからこそ言える言葉なんですからね(笑)
すぐさみしくなっちゃう人なんですから、ツキノワがいないと駄目に決まってます。

こぐまにこれでもかと愛情を注ぎながらも、やはり一番は夫。
子供への愛情は夫婦二人で注ぐものですもん。
そして、いつまでも仲のよい家族、仲のよい夫婦でいたいなぁ。

こぐまが大きくなったら、「うちの両親仲が良すぎて気持ち悪い」なんて友達に言うようになってほしいなぁ(笑)
そして、「でも暖かい家庭だったなぁ」なんて思いだしてくれたら最高です。

以上です。ありがとうございました。

ぴーこさん、お題ありがとうございました。
ぴーこさんが運営されているのは節約*キッチンというサイト。
食の大切さ、食の安全、食事に対する考え方について、とても参考になるサイトです。
我が家もこぐまが生まれたらますます食事を大事にしていきたいなぁと思っているので、参考にさせてくださいね。
将来は家族で一つの食卓を囲んで、美味しいものをゆっくり、話しながら、笑いながら、楽しく食べられる家族でありたいなぁなんて思ってます。

お仕事をはじめられたぴーこさん。
とても忙しそうです。お体には気を付けてくださいね。
ぴーこさんはとても頑張り屋さんのイメージがあるので、頑張りすぎてしまわないか心配です。
休めるときはゆっくり休んでくださいね。応援してます~。
お食事の様子を拝見しながら、忙しくても体に優しいメニューを作ってらっしゃるのは、やはり素晴らしいなぁと思います。
ご家族みんなでお野菜やお米を作って、健康な食生活をされているぴーこさん。
ツキノワの憧れです。
これからもどうぞ、仲良くしてくださいね。
この度は本当にありがとうございました。

さて、明日のお題は、「ツキノワよ、印象に残る風景について語れ!」です。
明日もよろしくお願いいたします~。
スポンサーサイト
主婦ランキング 良かったら応援してください→FC2 Blog Ranking

こちらも見てくださいね
行動派への道(運営サイト)

              
コメント

ツキノワさん、今日も素敵なお話ありがとうございました。
なんかすごく感動しちゃって、忘れたくなくって
コピらせてもらっちゃいました♪

ツキノワさん素敵なママになるんだろうなー☆
忙しくなっちゃうと思うけど、子育ての様子もブログにUPしてもらえたらなーってちょっと期待してます。

あたしも子供ができてもナンバーワンは、
ダンナ様だと思ってます。
子供が一番って良く聞くけどそうじゃないと思うんです。
あたしもダンナ様にとってのナンバーワンでいたい、いつまでも。

あたしもツキノワさんみたいな奥さんになれるように
頑張るぞー☆
これからもいろんなお話聞かせてくださいね。
楽しみにしています!
---------- mipopo [ 編集]* URL * 04/24, 10:47 -----

ツキノワさん^^
私もね、子供にべったりの生活にはならないように気を付けたいと思っています。
小さいうちは仕方ないですけどね。
自分の趣味を持って、子供がある程度大きくなったらお仕事してもいいなと思うんです。
自分の世界を作っておかないと、子供が巣立ったときに空っぽになりそうですから^^;

それと家族はいつも仲良しなこと。
とっても大切ですよね。
お互い愛情たっぷりに育てましょうね^^
---------- tama [ 編集]* URL * 04/24, 16:20 -----

こぐまちゃん、ツキノワさんにこんな風に思ってもらえて、
産まれる前から幸せですね。
愛情たっぷりで、よい子に育ててあげてくださいね。
そして、こぐまちゃんが育っても、夫婦はラブラブで
いてくださいね。
私も、ツテと、一生仲良く暮らしていきたいです。
---------- プラム [ 編集]* URL * 04/24, 23:15 -----

素敵家族ですね(≧∇≦)
私は母が親ばかなので、その影響もあって
シスコンになりました(笑)
やっぱり育った環境って大切ですよね。
夫さんも大事にしつつ、こぐまちゃんも育てるって
大変そうですけど、ツキノワさんのラブラブパワーで
大丈夫だと勝手に思ってます(^^;)
ツキノワさんのママ姿が想像できます~♪
---------- ゆきち [ 編集]* URL * 04/25, 00:55 -----

mipopoさん、おはようございます♪
おおっ!コピーですかっ!!!
ありがとうございますっ。うれしいです~。
子育ての様子もUPしていこうと思ってますので、
待っててくださいね。
やはりね、人生のパートナーは夫だと思うんです。
だからず~っと大事にしてあげたいなぁと思ってます。
ツキノワもラブラブが続けられるように頑張りますね♪


tamaさん、おはようございます♪
子供が大きくなったらお仕事するのもいいですね♪
趣味を見つけておいて、こつこつとそれの達人になっておくのも良さそう。
子供は子供、自分は自分。
別の人間ですからね。
巣立っていく子供の足かせにならないように、
自分自身が輝けることや、老後のこと、しっかり考えて見つけておこうって思ってます。


プラムさん、おはようございます♪
お金はあまりありませんけど、
愛情だけは溢れるほどあります(笑)
我が家に生まれてきた特典として、しっかり受け止めてほしいなぁ。
夫にもツキノワと結婚した特典として、
一生愛情を注ぎ続けます~(笑)
幸せなのが一番ですよね。


ゆきちさん、おはようございます♪
うちは母がパワフルな家庭で、ツキノワとは少しタイプが違うんですが、
でも父のことは本当に大好きで大事にしてるんです。
(いじめつつも・・・笑)
なので、ツキノワもそんな家庭がいいなぁって思って育ちました。
ほんと、育った環境って大事ですよね。
暖かい家庭を築けるように、頑張ります~。
---------- ツキノワ [ 編集]* URL * 04/25, 09:03 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
トラックバック
トラックバックURL
→http://tsukinowa.blog73.fc2.com/tb.php/434-3d365bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。